とりあえずnull

プログラミングの勉強日記

メインとは別の開発をやってみて気づいたこと

こんな人には参考になるかも!

・自分のプログミング技術をもう少し伸ばしてみたい人

・自分のプログラミングスキルをガンガン使ってお金を稼ぎたい人

 

 

先月、縁があってこれまで行なっていたメインのプロジェクトとは別のプロジェクトに参画することになりました。そのプロジェクトでのポジションはかっこよく威張った書き方でいうところではCTOというのでしょうか。つまり技術担当になったわけです。一方でメインのほうでは一番の下っ端。企画や優先順位などを決めるまでの権限は与えられてはいません。このポジションの違いから面白い経験と発見があったので記したいと思います。

 

 

別プロジェクトをやってみてわかったこと

これまでメインのほうでは言われたことをやるだけだったり、周りの人たちが自分より優れてて経験と知識がある方ばかりなので心のどこかで「わからなくても聞けばいいや」という気持ちが心のすみっこにありました。しかし、サブプロジェクトで技術担当になったときチームにはプログラミングやリーンスタートアップに精通している方が存在しなかったため、僕がすべてを担うことになりました。当然、わからないことを聞ける環境ではなくなり、かつ出来るだけ早く開発を進めなければならない。これまでめんどくさくて見ないようにしていた設定や機能実装を含め、新しいこと・めんどくさいことをやらざるをえなくなってしまいました。

その環境が僕に教えてくれたのは「自責」ということ。自分の書いたコードがサービスとなり、よくなければユーザーは不満を持ち、よければ満足し、さらにサービスが成長する。それを左右するのは(もちろんCEOと共に考えるが)自分の判断によるところが大きい。どこに価値があるか、機能実装の順番、UIの策定、ペルソナの設定といった大きな部分からコード一行に至る小さな部分まですべてが自責になった。

これまでの「頼る」という思考から「僕が要となる存在なんだ」という認識になったので一層開発に身が入り、メインのプロジェクトでも意識が変化したように思えます。心境的にはこれまでちゃらんぽらんだった若者ができちゃった婚でいきなりお父さんになってしまい、「父」という意識を持ち始めたものと似ているのでしょうか。

 

別プロジェクトを担当するということは自分のエンジニアとしてのポジションを高めるためにもオススメ

これまで組織の中の下っ端?指示待ち側にいたが、もう少し自分のスキルや立場を好転させたいと考えている人にはぜひ別プロジェクトに参画することをオススメします。今はスタートアップブームもあってたくさんプロジェクトが転がっているはず。ここで一つ経験と(あわよくば実績)が身に付けば自分のポジションを高められるのではないでしょうか。少なくとも可能性は上がるはずです。もちろん現状に満足していたり、無理してまでは・・・という人には向いていない行動なので自分の環境を考えた上での行動が必要になるでしょう。ただガンガンお金を稼ぎたい、という人はガンガンやっちゃったほうがいいのかなーと思ってみたり。お金稼げて経験積む事ができてキャリアに繋がる良い流れを作れるかもしれません。

 

次なる一手・成長路線

個人的には2つのプロジェクトで使っているRailsとgitについてもっと理解を深めたい。出来るかぎり速くコードかけるようになりたい。基礎からもっかい勉強し直そうか検討中。